スポンサードリンク

箱根登山


箱根山」というのは、箱根の町を中心としたいくつかの山の総称のことです。


もっとも高いのは「神山(1438m)」で、「冠ヶ岳(1409m)」、「箱根駒ヶ岳(1356m)」と続き、その他にも、「金時山(1213m)」「早雲山(1153m)」「上二子山(1091m)」「下二子山(1065m)」などが「富士箱根伊豆国立公園」内にあって、これらを通称して「箱根山」といいます。


箱根山最高峰の神山は、日本三百名山にも選ばれていることで有名です。


標高を見るとわかりますが、箱根山は比較的登りやすく、温泉も豊富のため、初心者にも人気です。


また、登りやすいのみならず、その雄大な自然は本当に見事で、初心者のみならず登山好きなベテランの人が好む山でもあります。


登山は得意ではないけれど、その雄大な景色を自分の目で見たい方は「箱根登山鉄道」がおすすめ。


箱根登山鉄道というのは、その名の通り、箱根の山を登る鉄道のことで、大正時代からの歴史ある、日本では唯一の本格的な山岳鉄道の箱根登山鉄道に乗れば、ダイナミックな景観を楽しめます。


6、7月に運行される「あじさい電車」は、昼間の眺めもすばらしいのですが、夜はライトアップされた(期間限定)闇に浮かぶあじさいを堪能でき、一日に二回楽しめます。


電車以外にも、ロープウェイやバスが出ていますから「登山」というよりも「ピクニック」感覚で景色を楽しめるでしょう。


★この記事が参考になったと思っていただけたら、

ぜひ「応援クリック」をお願いします。<(_ _*)>

また、人気ブログにはさらなるお役立ち情報もたくさんありますよ。

ブログランキング



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:九州日帰り登山
次の記事:富士山登山
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。